Khon Kaen コーンケーン

東北地方の中心部に位置するコーンケーン。16万人の人口を持つコーンケーン県の県都です。
街が形成されたのは1978年と比較的歴史の浅い街ですが、郊外にはコーンケーン大学があり、学生の多い街として有名です。
街並みは整備されていますが、イサーン特有のゆったりとした街でした。なお、日本人でも有名なモーラム歌手のチンタラー・プンラープはここコーンケーンの出身です。

























バンコク行きの快速列車が去ったコーンケーン駅。
2両編成のディーゼルカーがエンジンを切ってお昼寝中。
駅は静かな静かな昼下がりでした。




広い構内の端の東屋でおじさん達が将棋をしていました。
乾期のイサーンは日陰に入ると、気持ち良い風が吹き抜けていきます。




コーンケーン郊外、プー・ウィアン公園のある場所で1967年に恐竜の化石が発見されたそうで、
コーンケーンは恐竜も街としても有名。街の大きな交差点には恐竜の像がありました。




夕方になると、学生達がソウテンに乗って下校していきます。
学生を満載したソウテンは重そうに彼らの家に向かって走り去っていきました。




夜のとばりが降りて、街の中心部付近のRomaホテルの前に屋台街が出現。
友達、カップル、家族連れなどが屋台で夕食をとっていました。


東北本線へ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO