FOR Mylaysia Singapore
マレー鉄道(KTM)シンガポール〜クアラルンプール

バンコクから延びた鉄路はタイ国境を越えマレーシアそしてマレー半島先端のシンガポールまで延びています。
タイから先に延びた線路の終点まで列車に乗りたくなり、再び列車の乗客へ。
本例ならタイ側から列車に乗っていくのですが、あえてシンガポールからマレー半島を北上していくことにしました。
(2003.10)





















シンガポール発、クアラルンプール行き
EXPRESS RAKYAT2




早朝のシンガポール駅、町外れのひっそりとしたところにありました。








改札口を抜けるとそこはもうマレーシア領、改札口がそのままパスポートコントロールになっています




シンガポール側のパスポートコントロール
本来ならシンガポール出国手続きが先になるのですが、
なぜかマレーシア入国手続き先になるという不思議な現象が見られます。




マレーシア領最初の駅、ジョホールバル駅




クアラルンプールまでの道のりは、ひたすらプランテーションの農園が続きます。
どこかのサイトでは、つまらなかったというコメントがあったけど、普段見られない風景に、退屈なんてことはなかったです




クアラルンプールに到着。またひとつ世界の街を知ることができました。


南本線へ

クアラルンプール〜ハートヤイへ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO